シアバターの効果と効能って何?

ハンドクリームやボディクリームなどに最近よく含まれるようになったのがシアバターです。

オーガニックが売りのメーカーなどではシアバターを含む化粧品というくくりではなく、シアバターという名称で販売されていることも。

そんなシアバター、バターということから保湿の効果があることは容易に想像できるでしょう。ただ、実はこの成分は保湿だけでなく、他のすぐれた効果・効能も期待できると言われています。

シアバターの効果・効能の具体的な効果とは何なのでしょうか?まずは前述したように保湿です。主成分がステアリン酸、オレイン酸なのですが、実はこれらの脂肪酸は人の皮脂に似た成分なので浸透しやすいですし、保湿効果も長続きするともいわれています。

トリテンペンアルコールも同じく保湿の効能がありますし、アラントインには自然治癒力を促進する効能があるため肌荒れを改善できます。単に不足している油分を補給するだけでなく、自身の持つ自然治癒力を高めるので、その場しのぎでない高い保湿力を期待できます。

さらにカロテノイドは皮膚の粘膜の再生を助けてくれることから、荒れてカサカサになってしまったお肌を健康な状態に導きますし、トコフェノールは天然のビタミンEなので、お肌の老化を防いでくれます。

ime1

シアバターのデメリットと副作用は何?

シアバターはアカテツ科のシアバターノキの種子から採取できる植物性脂肪で、精製されている製品と未精製の製品があります。

未精製の製品ほど有効成分が多く含まれているのですが、不純物が混ざりやすいというデメリットがあります。そのためアレルゲンとして反応してしまう人もあり、アトピーなど症状がひどい人が使用すると炎症がひどくなるという副作用もあります。

どうしても使いたい人はパッチテストをおすすめします。シアバターは容量を考えないで使うと、べたつきやテカりが出るというデメリットがあります。少量でも十分ですから付け過ぎないようにしましょう。

また油分が多いため、朝のメイク前に使用すると化粧崩れを起こしてしまいます。朝使うとデメリットがありますが、夜スキンケアとして使う分には大丈夫なので、使い方を間違えないように注意します。

シアバターをお風呂上りに適量使うのはいいのですが、多すぎると油分が毛穴をすっぽり覆ってしまうため、痒みや湿疹など、副作用とも言うべき肌トラブルに見舞われることになります。

また、手作りセットでクリームを作る人がいますが、雑菌が入りやすいこともあり、不潔にすると思わぬ副作用が出ることもあるので清潔にします。

痒みが強い場合は、塗り過ぎているか体質に合わないのかも知れないので使用を注意しましょう。

ime2

シアバターの原料は何?化粧品材料に使える?

シアバターは、シアの実の種子から採取できる胚が原料です。

シアは古くからアフリカに生息する木で、「女性の宝」とも呼ばれています。アフリカでは、女性がシアの種子から胚を採取することで生計を立てており、シアバターはフェアトレードの原料として世界中に流通しています。

シアバターの原料である胚には、ステアリン酸やオレイン酸などの脂肪酸の他、アラントインやカロチノイドなどの美容成分が豊富に含まれています。シアバターに含まれる脂肪酸は、人の皮膚の皮脂と似た構造を持つため、肌に浸透しやすく、しっとりとした肌に整えます。

また、紫外線から肌を守る効果もあるので、日焼け止め効果もあります。さらに、抗酸化作用もあるため、肌の老化を防ぎます。肌にのせるとすぐに溶けるため、扱いやすく、髪や唇を含む全身のケアに使用できます。

穏やかな使い心地なので、赤ちゃんのスキンケアにもおすすめです。このように美容効果が期待できるため、シアバターは化粧品材料として多くの化粧品に配合されています。

人気の商品にはハンドクリームがあります。また、手作り化粧品の材料としても人気です。手作り化粧品の材料として使用する場合は、保湿クリームや石鹸に配合すると良いでしょう。

ime3

目元や目の周りに使っても大丈夫?

ハンドクリームや保湿効果が期待できる化粧品などに用いられることがあるシアバター。配合のハンドクリームを使っている方も多いでしょう。

しかし乾燥が気になる部分は手だけではありません。顔、中でも目元や目の周りなどが特に気になる方が多いでしょう。体に優しい、しかも保湿効果が高いことで知られるシアバター、目元や目の周りに使ってもいいのでしょうか?

シアバターは食用としても用いられるほど体に安全な物質です。そのため目に入っても大丈夫ですし、肌の弱い目元や目の周りでも安心して使えます。もちろん使う場合は添加物などの含まれていない、信頼できる商品を選ぶのは大前提です。

シアバターは安全なので目の周りにも使って大丈夫なわけですが、大丈夫というより、ぜひ使ってもらいたい成分なのです。というのはシアバターには人間の皮脂と似た脂質が多く含まれているため、肌なじみがよく、しかも保湿効果が長時間持続するからです。

また、天然のビタミンEとして知られるトコフェノールも含まれています。ビタミンEは抗酸化作用からお肌の老化を防ぐことで知られています。

さらに自然治癒力を促進することで自分の力で肌荒れを改善するアラントインなど、美肌にうれしい成分が多数含まれているからです。

ime4

シアバターにまつわること

シアバターにまつわることとして、黒ずみのことがあります。

ということで、ここで黒ずみにまつわるウェブサイトを紹介したいと思います。

黒ずみケアに悩みを抱えているなら、役立つ情報が色々と書いてあるかなと思います。